三巻き押さえでフリルの端処理

HANDMADE

 

こんにちは。

現在、娘にフリルのついたシャツを作っているのですが、フリルの端処理に三巻押さえを使用してみました。


この三巻押さえ、細かな端処理をする機会もなかなかなかったので、購入したままの状態で放置されていたのでほぼ初めて使用します(*’▽’)
そんな初心者ですが、どうしてもっと早くから使わなかったのかと後悔させるほど便利なものだったので、使い方を練習してみました。そう、練習が必要なほど私には難しいものでした…(笑)

フリルだけでなく、ハンカチや小さなお人形の洋服にも大活躍しそうなので是非ともマスターしていきたいところです。

 

スポンサーリンク

三巻押さえで端処理をする

三巻押さえで端処理をすると、簡単に細い三つ折りを縫うことができます。

三巻押さえを使用すると細い三つ折りができます。

三巻押さえの種類

今回わたしが使用した三巻押さえは3ミリ幅のものです。
家庭用ではおそらく3ミリが一番細かな三つ折りになるのではないでしょうか。押さえによって幅のサイズが違うので、生地の厚みや仕上げたい幅によって使い分けることもできます。

三巻押さえの画像

 

 

 

三巻押さえの使い方

さて、三巻押さえで端の処理をしていきたいと思います。


3ミリ幅の三巻押さえを使用する場合、端から5~6ミリのところで折り目を付けます。
それをさらに半分に折り、三つ折りにして折り目を付けます。これは縫い代全てにするわけではなく、縫いはじめの5センチ程度で大丈夫です。
わざわざアイロンを出すのも面倒なので爪で折り目を付ける程度で大丈夫。

折り目を付けることが出来たら針を落とし、少し縫います。
折り目がないところまできたら、布端を三巻押さえの爪のような部分に巻き込みながらそのままゆっくりと縫って行きましょう!
あとはそのまま縫い進めるだけ!

細かな作業になるので目打ちなどがあると便利です。

押さえの爪に布端を引っ掛ける

 

巻き込む布の幅を均一に

巻き込む布の幅を均一に保つことできれいに仕上げることが出来ます。
三巻押さえは出来上がり線を描かずともキレイに仕上がるのが特徴ですが、均一に保つのが難しい場合は布に印を付けて縫いやすくするなどの工夫をしてみるといいかもしれません。


三つ折り幅3ミリで処理することが出来ました。

3ミリ幅の三つ折りが出来ました。使い込んでる定規しかなかったので映えない写真ですみません( ;∀;)

 

 

失敗例

ついでに今回起きた失敗の数々も参考までに載せておきます(笑)

 

一番多かったは、縫い代の幅を均等に保つことが出来ていなかったのか、縫い代の幅が少なく巻き込めていなかったり、逆に縫い代の幅を取りすぎて三つ折りからはみ出たりしていました。

縫い代が少ないので三つ折りになっていない
縫い代が多すぎるため端がはみ出ている


フリーハンドなので、これは完全に手の感覚の問題なのだと思います。。
こうなることは予測できていたので凝視しながら布を持つ手の位置もミシンのスピードも均一に保っていたはずなのですが、気付いたら失敗していました。不思議( ;∀;)


押さえの爪から、巻き込んでいるはずの布が外れて失敗したりもしました。

爪から外れた

 

そしてこれ、失敗するとやり直すのが非常に困難で(;’∀’)
解くのも一苦労な上に、途中から縫うのもかなり一苦労。
目を瞑れないほどの失敗をしたときは新しく作り直した方が早いです。余りの生地がない場合などやり直しが大変なときは、縫う前にしっかりと練習をして感覚を掴んでから作業した方がよさそうです(笑)

 

コツ

失敗しないコツとしては、
持ち手の布を斜めに軽く引っ張りながら持つと外れにくくなるので、角度にも気をつけてみるといいかもしれません。

上手く縫うコツは、実際わたしも初心者なので良く分かりません(笑)
動画やブログなどでコツを紹介されている方もたくさんいるので、どんどん参考にしていくと良いと思います。
そして練習あるのみです(;’∀’)

 

わたしも早く胸を張って、このやり方が良いよ!と伝授できるように、精進していきたいと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました