かぎ針編みできれいな円形を編む法則

編み物

こんにちは。
今回はかぎ針編みで作る円形についてです。

円形をキレイに編めると気持ちが良いですよね。
法則さえ解れば編み図がなくてもサクサク編めるようになります。円形の使いどころはたくさんあるので、ポイントを押さえて作品作りに活かしていきましょう。

  • 増やし目していると六角形になってしまう
  • きれいに丸を編みたい
  • 編み模様をキレイに出したい

 

スポンサーリンク

基本の円形の編み方

 

  1. 輪を作り、6目作り目
  2. 2段目…全て増やし目
  3. 3段目…1目細編み・増やし目を繰り返す
    (下の段は2目、上の段は3目になる)
  4. 4段目…2目細編み・増やし目を繰り返す
  5. 5段目…3目細編み・増やし目を繰り返す
  6. 同じ要領で一段上がるごとに1目ずつ細編みが増えていく

 

作り目6目から円形を編んだ場合、一段につき6目ずつ増えていくことで丸い形にすることが出来ます。

法則としては単純なものなので、覚えてしまえば簡単に編めるようになります

 

しかし、ただ単純に編んだのでは、増やし目が同じ場所にくるので、六角形のような形に。

これを解消するためには、
増やし目の場所をずらして編んでいきます。

きれいな丸になる編み方

 

ここからは画像もりだくさんでお送りしていこうかと思います。
(説明を文章にするのが難しい(笑))

増やし目はVの記号にしています。

 

詳しい編み方

  1. 輪を作り、6目作り目
  2. 2段目…全て増やし目
  3. 3段目…1目細編み・増やし目を繰り返す

  4. 4段目…増やし目を編み入れるところからスタート
    (増やし目v・細編み×・細編み×)

  5. 5段目…細編みを3つと増やし目を編む

  6. 6段目…細編みを一つ編み・増やし目、細編み4つ・増やし目、くりかえし。法則通りにいくと細編みを4つ編み増やし目をするのですが、編みはじめを少しずらします。
    段の最後は細編み3つで終わります。(作り目をまたぐと細編みが4つになります。)

  7. 7段目…細編みを5つ編み、増やし目

  8. 8段目…細編みを2つ・増やし目から始まり、細編みを6つ・増やし目のくりかえし。
    段の最後は細編み4つで終わります。

  9. 9段目…細編みを7つと増やし目

  10. 10段目…細編み3つと増やし目から始まり、細編み8つと増やし目のくりかえし。
    段の最後は細編み5つで終わります。

 

段を追うごとに、vとv(増やし目)の間の細編みが一目ずつ増えていきましたね。
偶数の段では編みはじめをずらすことで、丸の形を整えました。

さらに円を大きく編む場合は、同じ要領で
奇数の段は、作り目から数えて目数を増やし、偶数の段は少しずらしながら目数を増やしていきます。

 

円形の違い

同じ場所で増やし目をすると六角形のような形になりますが、増やし目の場所がずれるように編むと丸くなります。

 

1目ずつ増えていくのは分かっているから、ランダムに増やし目の場所を変えたらいいのではないか?

と思いますが、

編み目がしっかりと出てしまうような素材の糸だと整列されていた方がキレイに仕上がります。

 

ピザみたい…

 

糸の処理

 

あとは最後に余った毛糸を裏側に入れ込んで、おしまい。

 

 

 

できあがった円形がうねってしまう場合はスチームアイロンなどあてて落ち着かせると、きれいな円形に仕上がると思います。

 

丸型はいろんな作品に応用できるので、基礎をしっかり押さえて作品作りにレッツトライです。

 

では。

 

 

タイトルとURLをコピーしました