中にフィルターが入るポケット付き立体マスク

HANDMADE

自粛生活が続く中で、どれほどのマスクを量産したでしょうか…。(笑)

先日、団体さんに寄付する立体マスクをせっせと作っていたところ、主人も立体マスクが欲しいと言い出したので、自分たち用にも作成してみました。
主人は接客業なので専ら、使い捨てマスクを使用しています。

 

布だけでは不安なので、マスクの中にフィルターを入れることが出来るように、内側にポケットを付けてみました。

フィルターは、不織布の使い捨てマスクで良いと思います。未使用のものを良い大きさに切って使うとゴワゴワしません。

最近では、生地やさんで不織布も手に入るようになってきましたね。
うちの妹はキッチンペーパーを挟んでいたりします。
手に入りやすい物で試してみてください。

スポンサーリンク

ポケット付き立体マスクの作り方

生地を裁断する

生地を型紙に合わせて裁断します。

その型紙ですが、『立体マスク 型紙』でググったらいくらでも出てくると思もうので割愛します。

私も企業さんの型紙を印刷させて頂いております(笑)
ほとんど似たようなサイズだと思うので、大人用を一枚印刷してください。

 

大人用の型紙を一枚印刷し、縫い代ではなく出来上がり線で切ります。
この一枚があれば、

  • 大人用はこの型紙に、1㎝の縫い代を付けて裁断する
  • 子ども用はこの型紙の、1㎝内側に出来上がり線を書いておく(縫う)

 

 

生地を裁断する

 

表と裏の他に、ポケット用の裏布も裁断します。(ここでは裏②がポケット用の生地になります。裏①②は同じサイズ)

裏布は表布よりも3㎝ほど短くカットします。

 

3セットをそれぞれ中表に合わせて縫う

表布・裏布①・裏布②(ポケット用)、それぞれ中表に合わせたら、カーブにそって縫います。
3枚それぞれを縫うことが出来たら、縫い代に切り込みを入れましょう。
糸を切らないように注意してください。

カーブを縫って切り込みを入れる

 

生地を開き、縫い代をアイロンで割っておきます。

縫い代をアイロンで割る

 

ポケット用の裏布を処理

ポケット用の裏布は、両端を三つ折りにして処理をしましょう。
外側から1㎝折り、さらにもう1㎝折ってステッチをかけます。

三つ折り

この工程は、縫い合わせた生地を開く前にした方が縫いやすいかもしれませんね。

 

 

生地を重ね合わせる

ポケットの端処理をしたあと、裏布①と重ね合わせます。

裏布を重ねる

ピタッと裏布2枚が重なったら、さらに表布を中表に合わせます

ポケット用の裏布が真ん中にくるような配置になります。
表布→ポケット用→裏布

表布は中表に合わせる

このとき中表に合わせた生地は外側から見えるので、きちんと真ん中の縫い目を合わせておきましょう。
ミシンをかけるときはズレやすいので慎重に行ってください。

縫い目を合わせる

 

上下の出来上がり線を縫う

3枚の生地が重なったら、マスクの上下にある出来上がり線を縫います。
縫うのは裏布がある部分だけで大丈夫ですが、縫いはじめと縫い終わりには返し縫いをしましょう。

 

上下を縫う

 

表に返してアイロンをかける

裏側からマスクの上下を縫い、袋状になったら横から表に返します。
ガーゼ生地だと、糸がほつれやすいので力加減に気をつけてください。

 

表に返す
アイロンをかけて形を整えましょう。

 

ゴム通しを作るついでのステッチ

アイロンをかけてきれいになったマスクの両端を三つ折りにして、ゴムの通し口を作ります。

大体1㎝幅の三つ折りで大丈夫ですが、使用するゴムの太さもあるかと思うので調整されてください。
裏布の端が隠れる位置で折ります。

三つ折り

三つ折りにしたらステッチをかけて、ゴムが通れるようにします。

そのついでに!!

マスクの周りをぐるっと一周、端から2〜3mm程度のところでステッチをかけるとキレイに仕上がります。


反対側のゴム通しを通り過ぎないように注意しましょう。

ステッチをかける

このひと手間をするだけで出来上がりもキレイになり、型崩れもしにくくなります。

 

出来上がり

あとはゴムを通すだけで出来上がり~★

さすがにこの柄を付けて歩く勇気はないので、娘用に一回り小さくキッズサイズで作りました(笑)

完成

内ポケットも機能しています。

ゴムの長さは子ども用20㎝程度
大人用25㎝程度といったところです。

 

 

 

ゴムの余談

冒頭で団体さん用に立体マスクを作ったと書きましたが、たくさんのマスクを作るにあたって足りないのがゴムです!!

そんなわけで、今話題の代用品!ストッキングを使用してゴムを作ってみました。
ベージュはさすがにストッキング感が出てしまいますが、黒のストッキングだとそれほど違和感はありません。

太ももからつま先までまっすぐ、3㎝幅に切って伸ばすとクルクルっと細く丸まり、丁度いいゴムになります。
最初は1㎝幅でカットしてみましたが、細すぎると上手く丸まらないのかな?という印象。
伸ばす力加減も関係してくるのかもしれません。

ただ、時間が経つとクルクルの部分が戻ってしまい、切り口のほつれが目立つのであまりキレイな見た目ではありません^^;;

結局は、ショーツなどに使用される柔らかめの平ゴムを代用しました。
代用品はあくまでも代用品なので、推奨はしません…。

この品薄状態も早く落ち着いてくれると良いですね。

何より、生地屋さんが通常に戻って欲しい~!
欲しい生地が悉く売り切れで悲しい(T_T)

タイトルとURLをコピーしました