小学校入学準備!就学時健診に行ってきました。

LIFE STYLE

 

先日、校区の小学校から年長の息子宛に小学校就学前の健康診断についてのお知らせが届きました!
秋頃行われる、いわゆる就学時健診です。

地域によって内容は異なるかと思いますが、今後のために記録として体験をまとめておきたいと思います。

ちなみに2月にもう一度、入学前の説明会があるのですが、それはまた別になります。

 

スポンサーリンク

就学時健診でしたこと

持参したもの

健診の前準備として、小学校から来た案内には

  • 健康診断票(学校側が使う物)
  • 保険調査票(これまでの予防接種の記録など)
  • 発育相談用紙
  • 給食費の申込書

が同封されていました。

これらを記入して学校に持参し、受付と同時に提出です。

 

この他に、

  • 保護者のスリッパ
  • 子どもの上靴
  • 大き目のバッグ
  • 筆記用具

なども持って行った方がよいです。

大き目のバッグはA4サイズの書類が入る程度のもので大丈夫だとは思いますが、私は謎にカレンダーまで配布されたので結構な量の荷物になりました(笑)

 

健康診断の内容

子ども達は新6年生(現5年生)になる在校生と一緒に、子ども達だけで校舎を巡りながら健康診断を行ったようです。

健診項目は

  • 内科、眼科、歯科、視力、聴力など

結果は帰りにそれぞれの保護者へ配布されました。
ここで異常があった場合は、入学前までに治療や学校との相談という流れになります。

 

当日の服装は?

上記にもあるように、子どもたちは内科健診をはじめとしたいろいろな診察を受けるので、着脱のしやすい服装が好ましいでしょう。

案内の方にも、ワンピースやつなぎ等は避けて、上半身が脱ぎやすい服装で来るようにという注意書きがありました。

うちは幼稚園が終わってから速攻で小学校へ向かったので、園の制服のまま行きました(*´з`) 名札も付けっぱなしだったのでむしろ分かり易かったことでしょう。。

 

保護者がしたこと

もしかしたら、健診を受ける子どもに付き添う地域もあるかもしれませんが、うちの方では子ども達だけで健診に行ってしまったので、保護者は保護者だけで集められ、いろいろな方の有り難いお言葉を聞く修行の会となりました。

入学にあたっての説明は2月にあるので、今回はちょろっと教頭先生が説明するだけ。あとは、子どもとの向き合い方や小学校の入学までにやっておくべき”しつけ”についてのお話が専門家からありました。

ざっくりいうと、生活面の改善やメンタル面でのフォローなど。
これについては改めて記事を書きたい。

 

下の子はどうするか?

さて、入学予定の園児の他に、小さなお子さんがいる場合はどうしたらいいのでしょう? 私も割と悩みました。

実際うちには年少の娘がいるのですが、当日の預け先はなく、通っている園でも預かり保育があるにはあるけど私用での受け入れはありません。

幸い、小学校の方では小さい子の入場制限がなかったので連れて行きましたが、やはり小さな子を連れて来ている人は少なかったです。

うちの娘も途中から飽きてきてしまい、何度も立ち上がってはトイレに行ったりウロウロしてしまいました。

仕方のないことですが、説明会などでは聞き逃したくないので、誰かに預かってもらおう…と心に決めました。

 

さいごに

小学生になる期待がどんどん膨らんでいるこの時期に、小学生のお兄さんお姉さんたちと自分達だけで校舎を巡るということは、息子にとっても物凄く良い経験となったようで、

健診から帰って来た彼の顔は、どこか誇らしげな表情さえ感じられました。

 

まぁ、息子に感想を聞いたところ、
「健康診断だけだったから何も面白くない。」と、きっぱり言い放っていましたが(笑)

 

わたしの心の準備も着々と出来てきているので、あとは入学に向けて物理的な準備を始めたいと思います!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました