子ども用のキャミワンピの作り方

HANDMADE

 

可愛くてついつい何も考えずに購入した生地で、娘にキャミワンピを作成してみました。

長さもないので、生地の量も少なめです。

そう、本当はワンピースにしたかったんだけど、本当に何も考えず買ってしまったので長さが足りず…(笑)
同じものを買いに行くのも面倒だったので、丈は短くしました。
それでも娘は気に行ってくれたのでこんなにズボラな感じでも結果オーライです。

あまり参考にならないかもしれませんが、簡単に作れるのでご紹介します(^ω^)

 

スポンサーリンク

子ども用キャミワンピの作り方

今回作ったのは出来上がりは90サイズ~100サイズってところでしょうか。
製作した工程を紹介しようと思ったのですが、なんと致命的なことに型紙を紛失してしまいしました~!(笑)

(ちゃんとファイルに入れておいたはずなんだけどなー…チェッ)
 
というわけで、型紙はありません! まずはお子さんに合わせて型紙を作ってみてくださいね!

  • 身頃の横の長さはお子さんの胸囲+余裕
  • 前身頃の肩山はお子さんの鎖骨あたりから胸囲まで
  • 見返しは身頃と同じサイズ
  • 縫い代は1㎝ スカート裾のみ2㎝
  • スカートの幅はギャザーを寄せるのでお好みの長さ
  • 裾の長さもお好みで
  • 肩ひもは20㎝くらい。もう少し長く作って調節できるようにしても良い
  • 後ろ身頃の肩山の幅と紐の幅は合わせた方がきれいに仕上がります。


ワンピースにする場合はギャザー部分(横幅)をたっぷり取り、少しふんわりしたキャミソール程度なら胸囲の1.2倍~1.5倍といった感じですかね~。。わたしはこの辺いつも適当なので、なんかすみません。


型紙に合わせてカットする

お子さんのサイズで作った型紙に合わせて、生地をカットしていきます。
身頃と見返しのサイズは同じなので生地を2枚重ねて切ると時短になります。
(わたしは重ねて切るとどうしても歪んでしまうのでしませんけど(笑)不器用なので…)

型紙に合わせてカットした前身頃と前見返し・後ろ身頃と後ろ見返し・スカート・肩紐2本を用意します

 

肩ひもを作る

1.5㎝幅の肩ひもを作る場合は4㎝~5㎝幅×21.5㎝程度でカットします。
これは、1.5㎝+1.5㎝が肩ひもの表と裏(3㎝)残り1㎝~2㎝は縫い代になります。
肩ひも幅3㎝のところで半分に折るので、その両サイドには0.5㎝~1㎝の縫い代を付けることになります。

縫い代は出来上がり線で山折にし、肩ひも3㎝のところで半分に折ると、縫い代vs縫い代の構図が出来るので、その上をミシンでガーッと縫っていきます。

肩紐になる生地を真ん中で縦に折り、アイロンで押さえます。両端の縫い代も内側に折り入れ、その上をミシンで縫い合わせます。

身頃と見返しを縫い合わせる

前部分の身頃&見返し、後ろの身頃&見返しをそれぞれ縫い合わせていきます。

身頃と見返しは、それぞれ表と表をくっつけた”中表”にします。

前身頃と前見返し・後ろ身頃と後ろ見返しを中表に合わせます。

このときポイントなのは、

  • 後ろ身頃と見返しの間に肩ひもを挟む
  • 前身頃も後ろ身頃も、脇下と裾は縫わない

中表にした後ろ身頃と見返しの間に肩紐を挟みます。
身頃の脇下と裾以外の、脇・肩・襟ぐりを出来上がり線に合わせて縫い合わせます。出来たら表に返します。

ここまで準備が出来たら、待ち針やクリップ等で固定し、ミシンでガーッと縫って行きます。
肩ひもの部分は返し縫をすると頑丈になります。

ガーッと縫い終えたら、身頃を表に返してアイロンで形をしっかりと整えます。
(返す前に縫い代をアイロンで割っておくとよりキレイな仕上がりになります。)

右の縫い代は右に倒してアイロン・左の縫い代は左に倒してアイロンをかけることをアイロンで割るといいます。

 

前身頃と後ろ身頃の脇を縫う

前身頃と後ろ身頃の脇を縫い合わせていきます。
このとき、身頃の前と後ろを重ねて、内側の脇と外側の脇をそれぞれピタッとそれぞれ重ねます。

表に返した前身頃と後ろ身頃の脇を縫い合わせます。

生地の表と表がくっついた中表の状態になりました。
出来上がり線に合わせて脇下になる部分だけ、ガーッと縫います。


縫い代をアイロンで割り、表に返します。

縫い合わせた脇下の縫い代をアイロンで割り、表に返したら再度アイロンで形を整えます。

これで裾以外は全て縫い終わりました!

 

ぐるりと一周ステッチをかける

縫い終わって表に返した身頃に、ステッチをかけていきます。
脇下・肩・襟元の全てにかけるので、ようするに今まで縫った箇所全てをぐるっと一周、ミシンでコバステッチをしていきましょう。
(表に返した箇所がゴワっとしているのでステッチをかけて押さえるような感じ)

縫いあがった身頃の、脇・肩・襟ぐりにコバステッチをかけていきます。


スカート部分の縫い代にジグザグミシンをかける

スカート部分の横の縫い代にジグザグミシンをかけていきます。
かけ終わったら出来上がり線で縫い合わせてスカート状の輪にしていきます。
縫い代はアイロンでしっかりと割っておきましょう。

スカート両脇の縫い代にジグザグミシンをかけます。


裾を三つ折りにしてミシンでグルっと一周縫う

スカートの裾の処理をしていくのですが、裾の縫い代は2㎝とっていますね。
裾から1㎝のところで一回折り、2㎝のところでもう一回折ると、これが三つ折りとなります。
アイロンで押さえながら折っていくとすぐに一周処理をすることができるので、なるべく歪まないようにしていきましょう。


裾を三つ折りにしたら、ミシンで一周縫います。

 

ギャザーを寄せる

ふんわりとしたシルエットを作るために、スカートの上部にギャザーを寄せていきます。
その前に、身頃と繋げやすいように真ん中だけでも良いので印を付けておきましょう。
ミシンでギャザーを寄せる場合は、上糸調子をよわくに設定

 

『よわく・つよく』の表記がなく、0~9の数字のみのダイヤル式は、0が一番よわく、9になるにつれて徐々に強くなります。 

 

縫いはじめの糸は、あとから引っ張りやすいように長めに取ってください。
上糸調子を弱くに設定したままミシンで縫ったら、糸を一本引っ張ります。

すると生地が動くので全体的に寄せていきます。

スカートのギャザー部分を縫い、終わったら糸を引っ張りギャザーを寄せます。


身頃とスカートを合体

ギャザーを全体的に寄せることができたら、上の身頃と合体させていきます。
スカートは表に返し、身頃は裏のまま(今見えてるのは見返しということになりますね)逆さまにしてスカートをin。

表に返したスカートと、裏に返した身頃を逆さまに合体させます。

まず、身頃の脇下の縫い目とスカート横の縫い目を合わせ、それぞれの出来上がり線が合わさるように待ち針などで固定します。脇が固定出来たら身頃の真ん中とスカートの真ん中でも合わせましょう。

待ち針やクリップなどで等間隔に固定したら、出来上がり線でスカートと身頃を一緒に縫い合わせます。
このとき、見返しを巻き込まないように注意してください。

スカートの出来上がり線と前身頃の出来上がり線で縫い合わせます。見返しは縫いません。


身頃とスカートを合体させることが出来たら、身頃を表に返してアイロンで形を整えてください。
表から見ると、ちゃんとキャミワンピの形になってきましたね~!もう一歩!!

アイロンを掛けて形を整えます。


裏を繋いでいく

つづいて、身頃の裏(見返し)とスカートを縫い合わせます。
見返しの方は出来上がり線に沿って、あらかじめアイロンで山折に折り目を付けておきます。

 

見返しの出来上がり線をアイロンで内側に折り、スカートの縫い代と合うように調節します。

山折になった出来上がり線と、スカートの出来上がり線を待ち針等で固定していきます。

このとき、スカート側の出来上がり線にはすでに身頃と合わせたときの縫い糸が付いているので、糸が隠れるところで固定しましょう。

待ち針やクリップで固定します。

これをガーッと一周ミシンをかけていくわけですが、表から見た場合、コバステッチのような仕上がりにしたいので、裏からミシンをかけるのではなく、表からかけていってください。
身頃とスカートのつなぎ目から0.2mmくらいのところを目安にミシンで縫います。



これが終わったら、キャミワンピの本体は終了です!

表から縫い合わせます。


ボタンホールとボタンをくっつける

最後の工程、ボタンホールを作っていきましょう!!

ボタンホールは使用するボタンによって穴のサイズが変わりますので、どんなボタンを使用するのか確認してから作業してください。
サイズが決まったら、穴を開ける位置に印を付けておきます。
このとき、線の始まりには横に短い線を入れて十字型の印にしておくと分かりやすいですよー。

穴かがりは下から上へとミシンが動くので、最初に針が落ちるのは線の下ということになります。

2㎝程度の出来上がり線を描きます。

今回はボタン穴かがりの押さえを使用しました^^;

この押さえの使い方は、使用するボタンをペイっと後ろにはめ込むと、ボタンの大きさに合わせたボタンホールを勝手に縫ってくれちゃう優れものです。

ボタン穴かがりの押さえにボタンをセットします。

押さえとボタンホールの模様にミシンをセットしたらスタート。
出来上がったら、かがった糸を切らないように、真ん中だけリッパ―切り込みます。

ボタンホールが縫えたらリッパ―で真ん中をカットします。

 

肩紐の先端にボタンを付けたら、
ハイ、出来上がり~!!! お疲れさまでした。

完成


まとめ

今回キャミワンピを作ってみて思ったことはですね、
「西〇屋だったら399円くらいかな…」とか思ってしまった出来だったのですが(作り方紹介しといてこんな感想。笑) なんと、うちの娘、このキャミワンピを見つけた瞬間、ものっすっごい笑顔で「わたしに作ってくれたの~!?ありがとう~~!!」と喜んでくれました。
わが娘ながらなんて良い子なんだろうかとビックリする(T_T)

まぁ、娘好みに作ってるからね(笑)


作り方よりも、まずは作っている工程の写真の撮り方が甘くて、かなり意味不明な点がたくさんあるかと思います…。そんなときは分かる範囲でお答え致しますのでお気軽にお問い合わせください( ;∀;)

それでは、以上!
キャミワンピの作りかた~文章で伝えるって難しいね。夏~
でした!!



タイトルとURLをコピーしました