リボンのヘアゴムの作り方

HANDMADE


簡単に作れるヘアゴムの作り方です。

今回、接着にはグルーガンを使用して作りました。
グルーガンはダイソーでも購入することが出来ます。本体価格は100円ではなかった気がしますが…200円だったかな?
グルースティックは別売りなので合わせて購入する必要があります。


サテンリボンで作る簡単ヘアゴムの作り方

リボンの材料

全て100円ショップのものです(笑)
サテンリボンとヘアゴムはセリア、チュールはダイソーで購入しました。

リボン本体はサテンリボンを使用した方が簡単に作れるとは思いますが、材料はお好みの物で、、何でも良いのです。


お好みの長さで、切る

↑これは6㎝でカットしてあります。
チュールは10㎝×6㎝
のりしろに1㎝とってあるので出来上がりサイズは約5㎝になる予定です。

(このサイズで作ってみた感じ、髪の毛にボリュームがある子向けです。
薄毛っこはもう少し小さいサイズの方がいいかもしれません。)

出来上がりサイズをイメージしながらお好みのサイズでカットしてください。




リボンを作る

カットしたサテンリボンをグルーガンやボンドなどで仮止めします。


仮止めなのでべったりと付けるのではなく、少量を隅と真ん中に数点付ける程度で大丈夫です。


輪が出来たら、リボンを形にしていきます。


仮止めした端の部分が外側の中央にくるように持ち、谷折り→山折りの順で二回折ります。(真ん中をつまみながら、半分に折ったものをさらに半分、反対側に返すような感じでリボンの形を作ります。)

なんとなくリボンの形が出来たら、指でつまんでいる谷の分3箇所(表2、裏1)をグルーガンで接着します。


チュールも、同じ要領で作り、サテンリボンの上に重ねるように乗せたら
今までつまんでいた真ん中の部分を、糸で結んでください。




リボンとゴムを合体させる

リボンが完成したらあとはゴムにくっつけるだけです。

中央に着ける帯を用意します。
ここでは、先ほど作ったリボンの材料と同じサテンリボンを3㎝幅にカットしました。(1㎝のりしろ)

勢いあまって写真を撮る前に帯の折り目を付けちゃいました(。-∀-)



グルーガンでゴムを固定する

リボン裏の真ん中にグルーガンを適量のせたら、素早くゴムを取り付けます。

(熱いので注意してください!!)
このとき、固定したくてリボンとゴムをギュッと押さえたくなると思いますが熱いです! ピンセットなどを使用するなどして、やけどに気を付けてください。
もちろんわたしは何にも考えず素手で押さえたため、熱っ!!っとなりました!



帯を付ける

いよいよ最後の工程、リボンに帯を付けていきます。

輪にするため、ここでもグルーガンで軽く留めておくのですが、先にアイロンなどで両サイドに1㎝の折り目を付けておくと後が楽です。




帯とゴムを固定する

リボンをつけたゴムに帯をぐるっと巻き付けたら完成です!

固定するときは、帯の端がリボンの裏側に来るように調整してグルーガンで接着してください。
もし、グルー(グルーガンの液体)が帯から漏れてしまっても、固まるのを待ってハサミでカットすることが出来ます。



完成しました!

出来上がるとすぐに娘に取られてしまいました(*’▽’)
こちらバザーに出す予定でしたが仕方なく娘にあげることにします。。

冒頭でも書きましたが、出来上がりサイズ5㎝だと少し大き目なので、髪の毛にボリュームがないとリボンに負けそうになります。
お子さんの毛量に合わせてリボンの大きさを調整してくださいね。

うちの年少の娘はクラスの中でもダントツで髪の毛がない薄毛っ子なのであまり似合いませんでした・・。気に入ってるみたいだから黙っとくけど(笑)


では 

タイトルとURLをコピーしました